超音波検査

ブログ記事にすることで私が勉強したことを何処でもみれるようにまとめてみました。

超音波検査士 試験対策(基礎分野)

超音波検査士認定試験は基礎分野と臨床と2種類の試験があります。

しかも5~6年前からX2タイプ、2つ選択問題も増えたので難易度がかなりあがってきていると思われます。私の職場では誰も試験を受けたことがなかった為、情報がなくとても苦労しました。そのため、たくさんの認定試験関連の書籍を購入したり、企業などが主催するセミナーなどにも参加しました。受験勉強に使用した教材などをまとめてみました。参考にしていてみて下さい。

基礎分野

①『超音波検査士認定対策 基礎編:ベクトル・コア』

  これは模擬試験が4~5回ほどでき解説付きなのでとてもいい書籍です。

  手のひらサイズの書籍なので持ち運びもしやすくなっています。

超音波の基礎と装置 (コンパクト超音波αシリーズ)

  こちらも手のひらサイズの書籍なので持ち運びもしやすくなっています。

③超音波検査士・超音波指導士 認定試験問題集

  基礎分野から各臨床分野の問題が載っている問題集です

④Dr.SONOの公開講座『超音波の基礎』

 インターネットのサイトです。アニメーションで説明してくれるのでとてもわかり

 やすいです。スマホでも閲覧可能なのでどこでも勉強可能です

 

私が参加したセミナー

PHILIPS主催の医用超音波の基礎セミナー

 まる1日かけて基礎分野の講義をやってくれます

 

②基礎から学ぶ超音波工学講座(アスリード株式会社)

 まる1日かけて基礎分野の講義をやってくれます

 

③超音波工学領域 直振り返り講座(アスリード株式会社) 

 直前のセミナーなので問題をとくのが中心でした

 

私は高校時代、物理を勉強してなかったため超音波の基礎分野の勉強はとても苦戦しましたが、セミナーに参加したり参考書を何回も読むことで理解できました。

参考書にのってない部分とかもあるので一つは基礎セミナーに参加されることを

お勧めします。