超音波検査

ブログ記事にすることで私が勉強したことを何処でもみれるようにまとめてみました。

ガイドライン

3月に日本循環器ガイドラインの改定があったんですね。弁膜症のガイドラインが特にきになりました。今回は、日本人の体格に合わせて弁膜症を判断していくみたいです。欧米人に比べ日本人は小さいので、日本人に合わせたガイドラインになっています。医師がどこをみて弁膜症を診断しているかを知るためには、技師も一度は見といたほうがいいと思われます。100ページくらいありますが、内容をみると弁膜症の教科書みたいになっていたので、全コピーしてしまいました!(^^)!

カテーテルでの弁膜症治療が可能になり、最近では心臓血管外科がない当院でもTAVI後の検査をたまにしています。今後、MitraClip後のフォローとかもしていくのかと思うと常に新しい知識を入れるために勉強会などに参加していかないと思いました。

他にも『川崎病』・『アミロイドーシス』などのガイドラインも改定しているので一度、見ておきたいです。

ガイドラインシリーズ | 一般社団法人 日本循環器学会